So-net無料ブログ作成
検索選択

御嶽山・継子岳へ(2017年7月29日~30日) [乗り鉄]

 しなの1号(自由席)に乗車して
DSCN2406.jpg
 木曽福島駅で下車。(この後の普通電車でも濁河温泉行のバスに乗り換え可能ですが、ちょっと時間がシビアだったのでしなの号を利用しました。)
 まずはバスの往復乗車券を購入して、バスの時間までブラブラ
DSCN2411.jpg
 JR関東のバスが来たので
DSCN2414.jpg
 何処に行くバスか見てみると
DSCN2416.jpg
 いつか無くなっていた権兵衛トンネルを超えて伊那谷へ行くバスだった。しかも仙流荘まで行くようなので・・・(これ利用での山歩きを考えてみようかな?)

 濁河温泉に行くバスの乗客は自分一人だけ
DSCN2419.jpg
 御岳山をグルリと回って濁河温泉へ

 そこから歩き始めて
 今回は五の池小屋に宿泊
DSCN2449.jpg
 
 翌日はゆっくり歩いたものの13時頃には濁河温泉に下山
(今回は鉄の写真が少し少なめなのでプチ鉄分)
DSCN2513.jpg
 林鉄の廃レールかな?

 バスの発車時間まで2時間以上あるので、温泉の休憩室で仮眠して
DSCN2514.jpg
 時間が来たのでバス停に向かうと
 奥にこんなコンテナが
DSCN2520.jpg

 帰りのバスは自分含めて乗客は3名
DSCN2517.jpg
 帰りの電車は予算節約で普通電車にしようかと思いましたが、18切符シーズンの西線の普通電車は混んでいそうだったので(前日に)しなの20号の指定席を購入済み。(普通電車は空き席充分でした。211系だったからかな?)
 買出しをしてから木曽福島駅のホームに上がると81レが通過する時間だったので
DSCN2530.jpg
 若干の遅れでしなの20号が到着
DSCN2537.jpg
 途中、上松で8875レのスジでロクヨン単機とすれ違ったのにはビックリでしたが
 無事、名古屋に到着。
DSCN2541.jpg
 今回の電車代・バス代合わせて約12000円。これじゃ車で行った方が経済的だね。
nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 25

コメント 2

やまびこ3

木曽福島でJR関東のバス、しかも中ドアタイプというのは意外ですが、季節運行のアルバイト派遣なのかな?
by やまびこ3 (2017-08-05 07:27) 

フジトモ

> やまびこ3 さん
 季節運行のバスですが木曽福島にしても伊那市にしてもJR東海エリアなんでバスと鉄道だと縄張り?が違うんですかねぇ。
by フジトモ (2017-08-06 06:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント